New Topics
医療の求人の詳細となっています。

医療の求人を広く呼びかけなければないほどの深刻な人手不足

老人の割合が急速に増加している日本においては病院を利用する人の絶対数もそれに比例して増えていくと予想されています。そんな状況の中、医療の現場は慢性的な人手不足に悩まされているのです。当然、医療の求人もさかんに行われていますが、未だ需要に追いついていないのが現状です。中でも深刻なのが看護士の不足です。女性の憧れの職業のひとつではあるのですが、実際の労働環境が過酷すぎるのです。基本的にシフトは朝、昼、晩の三交代制で生活は不規則な上に急患の場合は長時間の残業も当たり前です。その結果、疲労と職務に対する重責の狭間で集中力を欠き、ミスを起こす可能性も高くなってきます。そうしたことに嫌気がさし、結婚や出産を機に離職する人が非常に多いのです。それに対して病院側はなんとか優秀な看護士を確保しようと三交代制を廃止して定時勤務制を試みたり、病院内に託児所を設けるなどして働きやすい職場をアピールするようになりました。

看護士の場合は、自己努力による改善の兆しが見えているのでまだマシだと言えるでしょう。より深刻なのは小児科の医師不足です。以前から女性の医師が多く、結婚や出産で休業するケースは多かったのですが、それに加えて子供の命を預ける重責を回避する人たちが増えて、求人を広く呼びかけても成り手がいないというのが現状なのです。このままでは小児科が消滅してしまうとまで言われており、一刻も早い解決策が望まれます。