New Topics
医療の求人の詳細となっています。

細胞検査士の医療の求人について

細胞検査士の医療の求人について、その特徴や仕事内容、将来性、取得方法などを交えながら説明いたします。細胞検査士とは病院などの医療機関において、細胞に発生した腫瘍を対象に検査を行う専門資格となっています。細胞の腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、悪性のものは癌となっていますので、癌かどうかの検査において、専門的な見地から判定をするという仕事内容になっています。細胞検査士の試験は非常に専門性が高く難易度も高いため、合格率は25パーセントほどの難関資格となっています。臨床検査技師などがさらなるステップアップのために取得を目指す人が多く、試験内容としては、学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。二次試験においては細胞に関する標本作成やスクリーニング試験など実務に近い内容が主題されます。

細胞検査士の求人に関しては、その資格だけでは採用にいたることは少なく、臨床検査技師として働くという案件において、スペシャリティを評価してもらえる求人が多くなっています。今後の展望としては、再生細胞という分野が医療や薬学の業界で、急速に発展する可能性が高いこともあり、細胞に関する知識が高いと、こういった医療分野においてのフィールドが成立することになります。将来的に再生細胞医療の技術が発達すると、細胞検査士の需要も今より増えることが予想されています。